アンチエイジング洗顔

毛穴の悩み解決!

洗顔で行うアンチエイジング方法は様々な説が

 

アンチエイジング洗顔方法

 

スキンケアの中でも切外せないのが、洗顔ですよね。
どんな人でも、顔を洗います。水のみで洗うことも十分洗顔。

 

顔を洗わずにスキンケアを始めるなんて言語道断。

 

しかし、そんなアンチエイジングのための洗顔方法を調べてみると賛否両論。
様々な説があるので、どれを信じたら良いのかわかりませんよね。

 

アンチエイジング洗顔の様々な説

汚れはしっかりと落とすべき   
顔に汚れが残っていてはその後のスキンケアの意味がすべてなくなってしまいます。
だからこそ、適度な洗浄力のクレンジングでしっかりと落とし、洗顔で落としきれなかった汚れも洗い流し、すっきりとした素肌でスキンケアに挑むべき。
隈なく毛穴の奥まで徹底洗浄が一番のアンチエイジング方法です。

汚れは適度に落とすべき  
汚れを落とすことは大切だけれども適度で大丈夫。
ガッツリ洗顔をすると肌の油分まで洗い流してしまう。潤いを残したまま、擦らず優しく適度に洗顔がベスト。
クレンジングも、短時間で丁寧にメイクを落とそう。摩擦を少なくするためにダブル洗顔不要商品推奨。

洗顔は水のみでOK  
朝はもちろん夜も水洗顔のみで大丈夫。
シンプルスキンケアこそアンチエイジングの要。
夜物足りなければ洗顔をしても良いけれども、朝は出来るだけ水洗顔。
洗顔後は摩擦を軽減するためにタオルで擦らないようにしよう。

洗顔はしっかり丁寧に保湿重視で  
洗顔は朝も夜も欠かさず行うべき。どちらも洗顔料でしっかりと。
最近は保湿成分がたっぷりと含まれた洗顔料も増えているので、洗顔後も潤った肌を維持できる。
もちろん洗顔後の保湿は欠かさず行うべきだけれども、まずは保湿をしながらしっかりとした洗顔をしよう。

このように、同じアンチエイジング洗顔方法なのに全く違う意見が沢山でてきます。
老化を防止するための洗顔方法を検索している人は、どれを信じていいのか悩んでしまいますよね?

 

ここで重要なのは、自分のメイクは肌質と相談をして決めるべきだということです。

 

 

アンチエイジング方法は人によって違う

 

適切な洗顔方法は自分の肌質やメイクによって変わります。

 

例えば、脂性肌の人や荒れやすい肌質の人が水洗顔のみを行っていると、ニキビが出来やすくなり油分過多の状態が続いてしまうでしょう。

 

また、リキッドファンデやクリームファンデ等肌に密着するメイクをしている人は軽いクレンジングでは肌に悪いですよね。

 

逆にパウダーファンデーションやBB・CC系のベースメイクを使っている人なら、洗顔料のみで十分メイクオフ出来る場合もあります。

 

その為、まずは自分の普段のメイクは肌質を見直して、自分に合った洗顔方法を見極めるべきです。

 

スキンケアで一番大切なことは、自分の肌にあったスキンケアを見つけることです。自分の肌に合った方法を見つければ、アンチエイジング効果も格段に上がるでしょう。スキンケア方法はもちろん、スキンケアアイテムも自分の肌に合ったものを選ぶべき。まずはこちらのサイトから →自分に合ったアンチエイジング化粧品を見つけるサイトはこちらをクリック

 

スキンケア方法に正解はありません。

 

自分に合ったスキンケア方法とスキンケアを見つけるのがベスト。

 

しかし、どんなスキンケアでも一番大切なことは、肌をいたわるスキンケアをすることです。

  • 肌に何が足りていないのか
  • どのくらいの刺激が適切なのか
  • 汚れを十分に落とせるのはどの程度の洗顔なのか

これらを考えながらケアをしていけば、将来的な老化を防ぎいつまでも美しい肌を維持できるのではないでしょうか。

 

公式サイト↓がお得です!