ナノセラミド

毛穴の悩み解決!

肌の保湿に不可欠なセラミド

 

ナノセラミド

 

肌を乾燥から守る成分といえば、セラミド

 

セラミドはもともと肌内部に存在する成分で、肌のバリア機能を強化するためには欠かせない成分なのです。

 

角質層に細胞間脂質の半分程を占めるセラミドは、水分保持と肌の保護機能を兼ね備えています。

 

肌は、日々外部の敵と戦っています。

  1. 食生活の乱れ
  2. 睡眠不足
  3. 間違ったスキンケア
  4. 紫外線
  5. 摩擦
  6. 空気の乾燥

など様々なことが原因でどんどん肌をバリアしきれなくなってしまい、肌トラブルや乾燥を招いてしまうのです。

 

そんな時こそセラミドの出番!

 

肌内部にセラミドがたっぷりと存在していれば、些細な刺激に負けることなく美しい肌を保つことが出来ます。

 

逆に言うと、外部の刺激が強すぎるとセラミドはどんどん不足していき、足りなくなり、肌を守ることができなくなってしまうでしょう。

 

美しく健康的な肌を保つためには、肌にセラミドをたっぷりと補い徹底したバリアを保たなければいけません。

 

 

スキンケアに含まれているナノセラミドとは?

 

セラミド配合のスキンケアが増えていますが、特に注目を集めているのがナノセラミドです。

 

ナノセラミドは、もともと少し分子の大きめの成分だといわれています。

 

水の分子量は20弱

 

一方セラミドは400〜700程だそうです。

 

これを見ると、水よりもずっと浸透しにくい大きな分子だという印象ですよね。

 

その為、いくらスキンケアに配合しても肌になかなか浸透せず十分な成分を補えない可能性があるのです。

 

そこで生まれたのが、ナノセラミド

 

ナノ化したセラミドは通常の何倍もの小ささになっているので、スキンケアに配合すると角質層まですんなりと浸透していきます。

 

このおかげで角質層もセラミドで潤い、バリア機能を高めてくれるでしょう。

 

最近は、ナノセラミド以外にも様々なセラミドがスキンケアに配合される様になりました。

  • ヒト型セラミド
  • 天然セラミド
  • 合成セラミド

など、肌への浸透率や成分量が全く違っています。

 

肌の保湿を考えるのならセラミドが配合されているというだけではなくどんなセラミドが配合されているのかもよく考えながらスキンケアを選ぶようにしましょう。

 

公式サイト↓がお得です!