手軽に使えるクレンジングシートの落とし穴

毛穴の悩み解決!

手軽なクレンジングシート…実は摩擦が半端じゃなかった!

 

肌荒れを引き起こさないために、1日の終わりにしっかりとメイクを落としているのに、なぜか肌の状態が改善されないという人はいませんか?

 

肌の状態が一向に良くならないように感じているのなら、クレンジングを見直してみる必要があるかもしれません。

 

メイクを落とすときには、どのようなクレンジングを行っていますか?

 

クレンジングシートを使ってメイクを落としている人は、そのクレンジング方法が原因で肌荒れを起こしてしまっているのかもしれません。

 

クレンジングシート

 

手軽にメイクを落とせて便利なクレンジングシートですが、肌を擦ってメイクを拭き取るクレンジング方法なので、どうしても肌に刺激を与えてしまうことになります。

 

肌とシートの間に摩擦が生まれると、乾燥肌や肌荒れを引き起こすことにつながってしまうのです。

 

また、肌荒れを起こさないようにメイクをしっかりと落そうとして、クレンジングシートでゴシゴシと顔を拭いてしまっている人も多いでしょう。
メイクを落とそうとしてついつい強い力がクレンジングをしてしまい、逆に肌荒れを引き起こすことになるのです。

 

クレンジングシートは手軽にメイクを落とせて便利ですが、使い方には十分気を付けたいですね。

 

 

なぜ肌に悪いの?使い続けると…

 

クレンジングシートで顔を拭くことで、肌とシートの間に摩擦が生まれてしまうことはわかりました。

 

摩擦は乾燥肌や肌荒れを引き起こすことにつながるので、クレンジングシートを使ってゴシゴシと顔を拭いている人は、なかなか肌の状態が良くならない傾向にあります。

 

ですが、クレンジングシートを使うときに気を付けたいことは摩擦だけではありません。
今一度クレンジングシートの使い方を見直して、肌に負担を掛けないクレンジングを行いましょう。

 

クレンジングシートの大きな欠点は、毛穴の奥に入り込んでしまったメイクまでは落とせないことです。
肌表面のメイクは綺麗に落ちるので、一見しっかりとメイクが落ちたように見えるかもしれません。

 

しかし、化粧下地やファンデーションなどのベースメイクは、毛穴の奥に入り込みやすいです。
オイルやミルクタイプのクレンジングでなら落ちるかもしれませんが、シートだけでは毛穴の奥までケアすることができません。

 

そのため、クレンジングシートでメイクを落とし切れたと思い込み、毛穴に汚れを詰まらせたまま眠りについてしまう人が多いのです。
遅くまで家に帰れないときや旅行中なら仕方ないことですが、洗顔を行える環境であれば、クレンジングシートを使った後に普段の洗顔もしておきたいですね。

 

 

肌に優しいクレンジングとは?

 

クレンジングミルク

 

肌にできるだけ負担を掛けない優しいクレンジングをしたいなら、クレンジングシートやオイルよりも、クレンジングミルクを使ってみることをおすすめします。

 

クレンジングミルクは、他のクレンジングよりもテクスチャがなめらかです。
伸びが良くて肌に馴染みやすいので、肌との間に摩擦を生まずに優しくクレンジングを行うことができます。

 

クレンジングをしながら顔をマッサージできるほどなめらかなので、乾燥肌で摩擦による刺激が気になっている人でも安心して使えるでしょう。

 

また、肌に優しいクレンジングに欠かせないのは、低刺激のクレンジングです。
洗浄力が高いクレンジングはしっかりとメイクを落とせて良いですが、肌への刺激も強いものが多いです。

 

クレンジング後に酷い乾燥を感じてしまったり、ヒリヒリとした刺激を感じることもあるでしょう。
特にクレンジングオイルは、洗浄力が高いけれども刺激も強いと言われています。

 

ミルクでは落とし切れないような濃いメイクをしたときにだけオイルを使う、といったような、クレンジングの使い分けが大切ですね。

 

公式サイト↓がお得です!