マツエクのクレンジング

毛穴の悩み解決!

マツエクの注意点

 

大人気のマツエク。
すっぴんでもぱっちりな目元を演出することが出来ますし、マスカラもビューラーも不要なので朝の時間短縮にもつながります。

 

そんなマツエクですが、実はさまざまな注意点があるって知っていましたか?

 

きちんと注意点を守らなければ、エクステの持ちが悪くなるだけではなく、目に害が及ぶ可能性もあるんです。

 

絶対に気を付けたいマツエクの注意点

 

施術前後のメイクは禁止

 

マツエクの施術を受けるときは、アイメイク禁止です。

 

マスカラやアイライナーがついていると、きちんとマツエクをつけることが出来ない場合があります。

 

その為、マツエクの施術を受けに行くときはアイメイクはしないで行きましょう。

 

ファンデーションや口紅、眉などのアイメイク以外なら大丈夫です。

 

不安な人は、マスクをしたり近場のサロンの予約を取るようにしましょう。

 

また、マツエクをした後はすぐメイク完了の場合もありますが、長持ちさせたいのなら2時間程経過してからが良いでしょう

 

マツエク後の汗

 

マツエクをつけた後は、グルー(接着剤)が乾くまでサウナ、汗をかくようなスポーツ、入浴、洗顔、クレンジングは禁止されています。

 

グルーの種類によって時間は異なりますが、短い場合は2時間、長いと6時間程ではないでしょうか?

 

そのため、例えば夜の6時にマツエクをつけると12時頃までクレンジングも入浴もできない可能性があるので注意をしてください。

 

普段の注意点

 

マツエクをつけていると目をこすったりうつ伏せで眠ることが禁止されています。

 

マツエクをつけた状態で目をこすると、マツエクがはがれやすくなってしまうでしょう。

 

うつ伏せで眠ると、癖がついてしまっておかしな方向にマツエクが癖がついてしまう場合があります。

 

また、マツエクをつけている期間中は通常のビューラーは禁止です。

 

はさんで持ち上げるタイプではなく、ホットタイプのまつ毛表面のみ上にあげるタイプのマツエクは可能となっています。

 

また、普段からコームでまつ毛をブラッシングしたり、まつ毛用美容液を塗ることで持ちをよくすることが出来ます。

 

 

マツエク可能なおすすめクレンジング

 

マツエクで意外に重要なのが、クレンジングです。

 

マツエクをつけていると、オイルクレンジングを使ってはいけないということを知っていましたか?

 

オイルクレンジングのように洗浄力の強いものを使うと、エクステが取れやすくなってしまうのです。

 

その為、オイル以外のクレンジングを使う必要があります。

 

最近はマツエクOKのクレンジングが増えてきましたが、特におすすめしたいのがduoクレンジングバームです。

 

duoクレンジングバームは、オイルでも、クリームでも、ジェルでもない、バームタイプのクレンジングとなっています。

 

バームなので肌に馴染みやすく、洗浄力も適度で、肌に刺激を与えることなくしっかりとメイクを洗い流すことが出来るでしょう。

 

美容成分がたっぷりと含まれているので、クレンジングなのに洗浄後は肌が潤いで満たされます。

 

マツエクOKのクレンジングを探している人は、duoクレンジングバームを使ってみてはいかがでしょうか?

 

こちらから=D.U.O.クレンジングバーム

 

公式サイト↓がお得です!