クレンジングの種類

毛穴の悩み解決!

クレンジングの種類

 

クレンジング 種類

 

クレンジングは、スキンケアのなかでも最も大切だといわれています。

 

なぜなら、しっかりとクレンジングをしなければその後の洗顔も、化粧水も、乳液や美容液、クリーム等すべてのケアが台無しになってしまうからです。

 

きちんとメイクを落としきれていない状態でケアをしても、肌に成分が浸透することはないので当然ですよね。

 

そんなクレンジングにはたくさんの種類があります。

 

では、どんな種類があるのでしょうか。

 

一般的なクレンジングの種類は、7種類です。

 

オイル、リキッド、ジェル、クリーム、ミルク、シート、そして部分用クレンジングでしょう。

 

この7種類のクレンジングは、洗浄力の強さと肌への刺激が比例しています。

 

一番洗浄力の強いのは、部分用クレンジングです。

 

部分用クレンジングは、目元や口元など落ちにくいメイクのために使うための商品のので仕方がないでしょう。

 

部分用クレンジングの次は、クレンジングシート、オイル、リキッド、ジェル、クリーム、ミルクの順番となっています。

 

一番肌への刺激が弱いのはミルククレンジングですが、その分洗浄力が強くファンデーション等は十分に落とすことが出来ないかもしれません。

 

パウダーファンデーションん程度なら落ちるかもしれませんが、ウォータプルーフのアイメイクはなかなか落ちないのではないでしょうか。

 

オイルクレンジングといえば評判がいいのがシュウウエムラのクレンジングでしょう。

 

アルティム8スブリムビューティクレンジングオイルはさまざまなランキングで上位を取得するほど人気の高い商品です。
150mlで4,200円と決して安い商品ではありませんが、オイルタイプなのに肌に優しくしっかりとメイクを落とすことが出来ます。

 

低価格帯の商品なら、DHCも評判です。
コンビニでも買える、安い、そしてしっかりと落とすことが出来るので人気なのではないでしょうか。

 

部分用クレンジングはアイメイクを発売しているブランドで出していることが多い商品ですね。

 

マスカラで有名なヒロインメイクやメイベリンは、濃い目元のメイクもしっかりと落とすことが出来るクレンジング商品を発売しています。

 

普通のクレンジングでは落としにくいウォータープルーフのメイクもしっかりと落とすことが出来るでしょう。

 

リキッドクレンジングのなかでも評判の良いのが、チャコットのクレンジングウォーターMやオルビスのクレンジングリキッドなのではないでしょうか。

 

どちらもしっかりと落とせるのに肌への負担が少ないので人気の商品なのだと思います。

 

クレンジングジェルはビオレのメイク落とししっかりクリアジェルが定番商品でしょう。
ドラッグストアで安価で買えるのに品質は十分なので、とてもおすすめの商品です。

 

肌に優しいと評判のクレンジングクリームのなかでも、コスメデコルテのAQミリオリティリペアクレンジングクリームは美容成分がたっぷりと配合されている商品だと評判です。

 

150g10,000円とクレンジングクリームにしてはかなりの高額な商品ではありますが、値段以上の品質を実感することが出来るでしょう。

 

安めの価格帯のなかでは、ラッシュの俳句が評判が良いみたいですね。
パックや石鹸、スキンケア商品などさまざまな製品を販売しているラッシュですが、こちらの商品も人気のようです。

 

ミルククレンジングはカバーマークのトリートメントクレンジングミルクが人気のようです。

 

カバー力のあるファンデーションを発売しているカバーマークのクレンジングミルクということで、トリートメント効果もあり肌に優しいのに洗浄力も十分とかなり高い評価を得ています。

 

ママバターのクレンジングミルクも肌に優しく値段も安いので人気のようですね。

 

拭き取りタイプのクレンジングは、ふくだけメイク落としが特に有名な商品でしょう。
とても安いので気軽に購入をすることが出来ますし、オイルインタイプであればウォータープルーフのマスカラだって簡単に落とせます。

 

旅先でも安心して使える商品でしょう。

 

簡単にメイクを落としたいけど拭き取りタイプは肌への負担が不安…そんな方にはエレガンスのクレンジングクロスがおすすめ。
40枚入り3,800円なので他商品に比べると高く感じるかもしれませんが、一回当たり100円で肌に優しく、しかもしっかりとメイクを落とすことが出来るのです。

 

クレンジングの種類別・特徴

 

クレンジングは肌質や普段のメイクによって選ぶ必要があります。

 

それぞれメリットデメリットがあるので、自分の肌に合わせて選ぶようにしましょう。

 

まず、オイルタイプのクレンジングは一番主流な商品なのではないでしょうか。

 

洗浄力が強く、しっかりとメイクを落とすことが出来るので人気が高いみたいです。
マスカラも、リキッドファンデーションも、しっかりと一度で洗い流すことが出来ます。

 

しかし、オイルは肌への負担が強すぎるという説もあるのです。

 

しっかりとメイクを落とせるからこそ、肌に必要な皮脂や油分までも洗い流してしまう可能性があります。
その為、敏感肌や乾燥肌の人にはあまりおすすめをすることが出来ません。

 

最近は肌に優しいオイルクレンジングもたくさんありますが、肌への負担を考えながら使うようにしましょう。

 

また、オイルクレンジングは肌にしっかりとオイルが馴染むように使ってください。

 

次に、ジェルタイプのクレンジングです。

 

ジェルにはオイルクレンジングに似たオイル配合の商品と、オイルフリーの油性クレンジングがあります。

 

オイル配合のジェルクレンジングは肌の表面でオイルに似た成分に変質してメイクをしっかりと落とすことが出来ます。
逆にオイルフリータイプは肌に優しく、負担を極力かけることなく使うことが出来るのではないでしょうか。

 

ジェルクレンジングは、とろっとしたテクスチャーのおかげで肌への摩擦を最小限で使うことが出来ると評判です。

 

しかしオイルほどの洗浄力は持たないので、濃いアイメイク等が十分に落とせない、という場合もあるみたいですね。

 

 

ミルククレンジングはあまり見かけないタイプのクレンジングかもしれません。
現在はオイルやジェルが主流になってしまったので選ぶ人も少ないのでしょう。

 

しかしミルククレンジングは肌への負担が少なく、乳液のような洗い心地でメイクオフをすることが出来る商品です。

 

洗浄力が弱いので目元等はオイルクレンジングやポイントメイク落としを使う必要がありますが、アイメイクなどをせずパウダーファンデーションのみ、BBクリームや日焼け止めのみという人には良いかもしれませんね。

 

敏感肌や乾燥肌の人にもおすすめの商品です。

 

クリームタイプのクレンジングは、油分水分のバランスが良いので、極力肌に負担をかけることなく落とすことが出来ます。
しかし、オイルクレンジングほどの洗浄力はないので、人によってはメイクの落ちに不安が残るかもしれませんね。

 

また、洗った後クリームが肌に付着したままの場合も多いでしょう。

 

良いクリームであればしっかりと落とせますが、悪いクリームだと不十分な洗浄になってしまう可能性があります。

 

クリームタイプのクレンジングは洗い流いても拭き取っても使える商品が多いですが、肌の摩擦を最小限にするためには洗い流して使うほうがおすすめです。

 

拭き取りタイプのクレンジングは、シートやクレンジング剤を付けたコットンで拭き取るので、肌に摩擦が生じ負担もかかってしまうでしょう。

 

しかし、顔を洗うことが出来ない場所やすぐにメイクを落としたいときには役立つアイテムです。

 

肌を摩擦して落とすだけなのできちんとメイクが落ちているかどうかも定かではありません。

 

緊急時に使うには良いかもしれんせんが、普段使いにはあまり使用しない方が良い商品ですね。

 

最後にポイントメイクリムーバーです。

 

こちらはほかのクレンジングと併用して使うための商品です。

 

アイメイクやリップメイクは、ベースメイクに比べて落ちにくい商品が多いでしょう。
その為、先にポイントメイクリムーバーで落としてからベースメイク用のクレンジングを使う人もいます。

 

落ちにくいメイクをしていない場合には使う必要はありませんが、肌への負担や目元の摩擦を最小限にしたい人には良い商品でしょう。

 

メイク落としのなかでは一番の洗浄力を誇るポイントメイクリムーバーですが、その分肌への負担は強いです。

 

擦らなくても十分落とせるのでコットンにポイントメイクリムーバーを含んだ後はさっと馴染ませるようにメイクを落とし、目元口元以外には使わないようにしましょう。

 

新しいクレンジング?!duoクレンジングバームはこんな人におすすめ

 

今まではオイルやリキッド、クリームタイプのクレンジングが主流でした。

 

しかし最近は、新しく「バームタイプ」のクレンジングが人気のようです。

 

バームタイプのクレンジングを販売しているブランドはまだ少なく、duoクレンジングバームが一番有名かつ人気の商品なのではないでしょうか?

 

バームタイプのクレンジングは洗浄力は十分なのにオイルほど肌への負担が強くないので、さまざまな肌質の方におすすめの商品です。

 

肌に付着することでどんどん馴染みメイクもさっと洗いながすことが出来るので、ごしごしこすることなく強いメイクもしっかりと落とすことが出来ます。

 

肌ダメージを最小限に、かつ肌への負担も最小限にメイクオフが出来るのではないでしょうか。

 

duoクレンジングバームは、これだけでクレンジング、洗顔、トリートメント、角質ケア、マッサージケアの5つの効果を発揮します。

 

そのため、忙しいけれども綺麗な肌を維持したい人には欠かせないアイテムでしょう。

 

ダブル洗顔不要のクレンジングは肌への負担が大きいといわれていますが、バームタイプのクレンジングなので肌に負担をかけることなくしっかりと洗い流すことが出来ます。

 

美容成分がたっぷりと含まれているのでトリートメント等の効果も実感できるので、使うごとにどんどん肌が美しく生まれ変わっていくでしょう。

 

また、duoクレンジングバームは毛穴の汚れまですっきりと洗い流すことが出来ます。

 

毛穴ケアというと洗顔がメインですが、duoクレンジングバームは毛穴ケアも出来るクレンジングです。

 

毛穴の開き、黒ずみ等が気になる人は、duoクレンジングバームを使ってみてはいかがでしょうか?

 

使い続けるごとに、どんどんイチゴ肌が改善されていきます。

 

詳細は↓


 

公式サイト↓がお得です!