duoクレンジングバーム使い方

毛穴の悩み解決!

正しい洗顔方法、知っていますか?

 

正しい洗顔方法

 

正しい洗顔方法、知っていますか?

 

スキンケアの中でも最も大切だといわれている「洗顔」

 

普段何気なく行っている洗顔ですが、実は「間違った方法で洗顔」をしている人がたくさんいるようです。

 

洗顔はとても大切なことです。

 

今一度、自分の洗顔方法を見直してみて下さい。

 

過度に洗いすぎていませんか?

 

熱いお湯で洗顔をしていませんか?

 

ごしごしと擦って肌を摩擦していませんか?

 

すすぎが足りず肌に泡が付着したままになっていませんか?

 

せっかく綺麗な肌になるための洗顔なのに、間違った方法で洗い続けていると逆に肌を傷つけてしまう可能性があります。

 

 

正しい洗顔方法

 

正しい洗顔方法は、まず、手を洗うことから始まります。

 

せっかく肌を綺麗にしたいのに、手が汚れていては汚れを広めるだけになってしまうでしょう。

 

水のみで丁寧にすすいでも良いですが、出来れば石鹸でしっかりと洗うようにしましょう。

 

手を洗い終わったら、次は洗顔料をたっぷりと泡立てます。

 

泡立てるのが苦手な人は泡立てネット、泡立て不要の泡状態で出てくる洗顔料、ゲル洗顔等があるので、それらを使ってみても良いでしょう。

 

洗いはじめは油分の多いTゾーンから。

 

泡のみで、出来るだけ肌が手と触れないように優しく洗います。

 

油分の多い部分や汚れやすい部分はしっかりと洗いますが、繊細な目元や口元は泡を乗せるだけでも十分汚れを除去することが出来るでしょう。

 

洗顔が終わったらぬるま湯もしくは水で丁寧に何回も何回も洗い流します。

 

洗顔料が残らないように、特に忘れやすい髪の毛の生え際やあご、フェイスラインも欠かさずにしっかりとすすぐようにしてください。

 

終わったら清潔なタオルで擦らずに拭き取ります。
ティッシュ等を顔に乗せるだけでも十分水気を拭き取ることが出来るでしょう。

 

どうですか、普段の自分の洗顔を比べて、足りていない部分や間違っている部分は見つかりましたか?

 

 

洗顔方法を間違えると大変!

 

間違った洗顔を続けていると、大変です。

 

肌内部には、潤いを保つための成分がたっぷりと含まれています。

 

しかし、間違った洗顔方法を続けていると肌の潤いを保つために必要な天然保湿因子や細胞間脂質までも洗い流してしまう可能性があります。

 

このまま続けると、肌の乾燥が悪化するどころかアレルゲン反応が起こったり肌荒れが悪化してしまう可能性があるでしょう。

 

洗顔で洗いすぎて肌内部の成分が失われると、スキンケアでは保湿不足になるくらい肌荒れが進行してしまいます。

 

バリア状態が低下したままの状態で過ごすとどんどん肌の健康状態が悪化してしまうでしょう。

 

間違った洗顔は、さまざまな肌トラブルを招いてしまうのです。

 

 

洗顔料選びも大切!

 

肌のために大切なことは、洗顔方法だけではありません。

 

実は、洗顔料の選び方もとても重要なのが、洗顔料の種類です。

 

洗顔料といっても、固形石鹸やクリーム、パウダー、ジェルなど本当にさまざまな種類の洗顔料が出ています。

 

自分の肌に合わない洗顔料を使っていると、正しい洗顔をしていても保湿不足になったり肌への刺激につながる可能性もあるでしょう。

 

もし、肌のことを考えるのであれば、極力肌に優しく、保湿成分がたっぷりと含まれていて、適度な洗浄力の商品を選びましょう。

 

洗顔の種類ですが、今一番おすすめしたいのはバームです。

 

洗顔量といえばクリームタイプが主流ですが、最近はジェルタイプも増えてきましたね。

 

そんなクリーム洗顔料とジェル洗顔料の双方のメリットを兼ね備えたのがバームタイプの洗顔料です。

 

肌を必要以上に摩擦することなく、負担をかけずにしっかりと洗い流すことが出来るので、とてもおすすめの商品となっています。

 

洗顔料が合わないなと感じる人は、バームタイプの洗顔料に変えてみませんか。

 

公式サイト↓がお得です!