毛穴の悩み解決!

シミが濃くなるのはホルモンバランスが影響している?

 

 

年齢と共に増えるシミ。
とて嫌なものですが、いつも同じ状態ではなく、色が薄くなったり濃くなったと感じることはないでしょうか?
シミの一種である肝斑も色が変化すると言われており、女性ホルモンの影響が大きいようです。
しかし、肌の色は変化していないのに、シミだけが濃くなったり薄くなったりするなんて不思議ですよね。
また、妊娠、出産、ピルの服用などによってシミが増えることも多く、メラニン色素の過剰分泌で起こるはずのシミが、なぜホルモンバランスと関係があるのでしょう?
私自信、30歳を過ぎたころからシミができ始め、今ではコンシーラーなしでは生活できないほどの増えてしまいました。
幸い、目立つような大きなものはないのですが、年上のママ友の顔にある大きなシミを見ると、いずれ私にもできるのではないかと怖くなります。
彼女曰く、産後に気づいたらシミができていて、年々大きく濃くなってきたと言うのです。
確かに、私も2度の出産後には新たなシミがいくつかできており「こんなところにシミなんてなかったはず!」とショックを受けたことを思い出します。
シミはいきなりできるものではなく、しばらくの間は内側に潜んでいるそうです。
長い年月をかけて表に出てくるそうですが、ホルモンバランスが崩れずと一気に出てくるのでしょうか?

 

シミの色が変わる理由

 

女性にとってホルモンバランスが変化することは日常的なことです。
妊娠、出産、ピルの服用の他にも、生理前や後、ストレスなどでも大きく変化すると言われています。

 

それによって心と体に色々な変化が起こり、ニキビや肌荒れ、むくみ、食欲増加、便秘、下痢、不眠、頭痛、イライラ・・・1ヶ月のうちに1週間はこのような症状が出るものです。
これは、女性ホルモンの影響によるものですが、特に肌荒れやシミはプロゲステロンが大きく関わっています。
プロゲステロンが増えるのは、妊娠中や生理前で、まさにシミが増えた!濃くなった!と感じる時期にぴったり当てはまっているのです。

プロゲステロンが増えると、メラノサイトの働きを活発にする働きがあり、それによってメラニン色素が多く分泌されるようになりシミができたり、濃くなったりします

また、肌の乾燥や荒れによってしっとり感やハリが失われ、シミが濃く見えることもあります。
シミの中でも肝斑は女性ホルモンが原因でできるものなので、普通のシミ以上にホルモンの影響を受けやすいのです。
ですから、生理前や妊娠中はいつも以上に紫外線対策を万全に行い、肌に刺激のないスキンケアでしっかり保湿することが大切なのです。

 

ケアや対策は?

 

それでは、ホルモンバランスの変化によるシミの増加や色の変化は、どのような対策が必要でしょうか?
まずは、徹底的に紫外線対策を行うことで、メラニン色素の分泌をできるだけ抑えることが大切です。
また、美白ケア用品を上手に取り入れることで、新しいシミができないようにし、今あるシミを薄くする効果が期待できます。

かなり濃く大きくなってしまったシミは、市販の化粧品では効果がないので、美容外科でレーザー治療を受けるか、ハイドロキノンを処方してもらうこと治療した方が良いでしょう。

自分がいつシミができやすく、濃くなりやすいかを知ることで、事前に予防ができ悪化させずに済むはずです。
肌がきれいな人は、ホルモンを味方にしていると言います。
確かに、ホルモンバランスに合わせたスキンケアや生活をすることで、肌荒れやニキビ、シミに悩まされずに済みます。
できてしまったシミを消すのは大変です。
なるべく早めにケアを始め、ホルモンバランスの変化に負けない肌を手に入れましょう。

 

公式サイト↓がお得です!