毛穴の悩み解決!

主婦のアンチエイジング 整形手術をする人が急増

 

 

整形手術を受ける年齢はいくつくらいが多いと思いますか?
手術内容にもよりますが、若い人が自分のコンプレックスを解消するために受けるイメージが強いと思います。
例えば・・・小さいころから嫌いだった細い目、一重をぱっちり二重にするとか、角ばったエラを取るとか、鼻をシャープに整えるとか。

 

もちろん、今もそのような悩みを解消するために整形手術を決心する若い人が多いようです。
整形手術に対する考え方も柔軟になってきてるため、隠すことなく受けることができるようになってきたのかもしれません。

 

整形手術自体かなり進歩していて、メイク感覚でほんのちょっといじる程度のプチ整形もあります。
最近では、主婦になってから整形をする人が増えていて、今までのようにお母さんになったら見た目を気にしなくなる女性が減っているのかもしれません。
テレビや雑誌ではきれいなママの特集も多く、美魔女なんて言葉も流行りました。
美意識が高い主婦が増えているのかもしれませんね。
私の周りのママ友を思い浮かべてみると・・確かにみんなきれいにしています。
ファッションや美容に関する話題も多く、お金をかけている主婦が増えていると思います。

 

それでは、主婦に人気の整形手術はどのようなものでしょうか?
顔がいきなり変わってしまうような整形をする人はあまり多くないようで、やはり周囲の人にばれない程度のお直しが人気のようです。
しわ取りやヒアルロン酸注入、リフトアップなどが人気で、二重をはっきりさせるためにプチ整形を受ける人も多いそうです。
意外なことに豊胸手術も人気で、サイズアップというよりは産後に垂れ下がったバストを整えることが目的のようです。

 

このように、主婦が受ける整形手術は衰えた部分を再生する、気になる部分を周りにばれない程度にいじるものが多いようです。

 

昔よりも美容意識が高い主婦が増えた

 

最近の主婦は美容にお金をかける人が多くなってきたと言われています。
経済的に余裕がある人が増えてきたことと、女性はいつまでも美しくいるべきだという意識が高くなってきたことが原因のようです。
私の周りのママ友は、みんなファッションにも詳しく朝からしっかりメイクをしてきれいなんです。
仕事をいていると、きちんとした格好をしなくてはならないのは分かりますが、専業主婦でも身なりをしっかり整えるのはすごいと思います。
私は、「面倒・・・」「どうせ家にいるから」と楽なファンションやメイクばかりですが、いつでも同じようにきれいにしている人は心にゆとりがありそうです。

 

子供にお金がかかるママたちは、自分たちの美容のためのお金をどうしているのでしょう?

いつもとてもきれいなAさんに質問してみると・・・
美容室には2.3カ月に1回のペースで行くそうで、クーポンサイトでお得な美容室を見つけて行くそうで、いつも同じお店とは限らないそうです。
なぜなら、とにかく安く行きたい場合は「初回限定」のクーポンがお得だそうで、カットなら2000円以下!パーマ、カラー、カットのコースで5000円!など驚くほど安いそうです。
他にも美容系のサイトはとても多く、かなりお得な情報が溢れているそうです。
これは、使わなきゃ損ですね!

 

ファッションにはそれほどお金をかけていないそうで、ユ○クロやジー○ーなどトレンドのファッションを安く取り入れられるお店で購入しているそうです。
ただ、全身になると安っぽくなるので、上だけとか小物はブランド物とか工夫することで、いかにも!という感じにならないようにしているそうです。

 

なるほど・・・いつもきれいにしている人は、お金をかけているだけではなく頭を使っているんですね!

 

ママになっても綺麗でいる方法

 

妊娠出産を機に、自分自身にお金かけることができなくなってきます。
体系の崩れや忙しさから今までのように、鏡に向き合う時間が少なくなるのは仕方がないのかもしれません。
しかし、「もう歳だから・・」と諦めた時点で、女性としての自分を捨ててしまったことになります。
いつまでも、きれいでいることは自分自身のためであり、家族もそれを望んでいるはずです。

 

それでは、ママになってもきれいでいるためには、どのような工夫が必要でしょうか?
まずは、自分が使えるお金を確保することが大切です。

美容やファッションに使えるお金を月3000円でも確保できれば、3ヶ月に1回の美容室代や数か月分まとめて買うコスメ代になりますよね。

先ほど紹介したクーポンサイトを利用したり、試供品やモニターなんかを上手に利用すると、激安でゴージャスな生活ができるはずです。

 

また、ワンシーズンに1回は年代に合ったファッション誌を買って流行りに敏感になることも大切です。
いつまでも自分が若かった頃に流行ったファッションやメイクを引きずっている人がいますが、これではおしゃれではありませんよね?
若い人の真似をする必要はありませんが、やはり流行には多少敏感でいたいものです。

 

主婦がいつまでもきれいでいることは、意外と難しいことです。
しかし、一歩踏み出すことで外出の機会も増え、子育てや家事だけではない何かが見つかるのかもしれません。

 

 

公式サイト↓がお得です!