毛穴の悩み解決!

敏感肌は日焼け止めでかぶれることが多い!気を付けるべき点とは?

 

 

美容雑誌や専門家が日焼け止めはとても大切なものだと強調するため、最近は冬でもメイク前に日焼け止めを塗っている人が多いようです。
外出の予定がなくメイクをしない日でも、当たり前のように塗ることが常識になっているようです。
しかし、敏感肌の人は日焼け止めでかぶれやかゆみ、肌荒れを起こすことがあります。

 

シミや日焼けを防ぐためには紫外線をカットした方が良いのでしょうが、実際はどれだけ効果があるのかは分からないものです。
なぜなら、私自身毎日日焼け止めを塗っていますが、夏には肌が黒くなってしまうのです。
一日に何度も塗りなおさないと効果がないようですが、顔はなかなか塗りなおせませんよね?
皆さん、きちんと何度も塗っているのでしょうか?

 

美容家の中には、化学成分がたっぷり入った日焼け止めを塗る方が肌に悪いと言う人もおり、素人の私たちにはどちらが正解なのか分かりません。

敏感肌の人は特に気を付けないと、一気に肌荒れを起こしなかなか治らないことも多いので、自分が使う日焼け止めの成分をしっかり調べてから使った方が良いようです。

 

最近のファンデーションには紫外線カット成分が含まれているので、その前に日焼け止めを塗らなくても良いと私は判断し、なるべく日焼け止めを使わないようにしています。

 

敏感肌でも日焼け止めは必要?

 

日焼け止めは本当に必要なのでしょうか?
最近は一年中専用のコーナーに様々な商品が並び、今まで夏だけ使うイメージがあった日焼け止めが、一年中使うものになっているようです。
しかし、一般的な日焼け止めに含まれる成分の中には、肌に負担がかかるものも多く、アレルギーを起こす可能性もあります。
ですから、どんな人でも必ず日焼け止めを使った方が良いとは限りません。

 

そもそも日焼け止めは、朝塗って夜までその効果が続くのではなく、数時間に一度塗りなおす必要があります。
塗り直しがきちんとできてこそ紫外線カット効果があり、シミや日焼けを防ぐことができるのです。
それができない人は、それほど日焼け止めにこだわることはなく、海や山、紫外線が強い日に長く外にいる時だけでも良いのではないでしょうか?

 

もちろん、肌が強く日焼け止めを正しく使える人にとっては、なくてもならないものです。
しかし、肌が弱い人はそれでかぶれるよりは、帽子やサングラス、日傘などで紫外線を避ける生活を意識した方が良いのかもしれません。
また、ちょっと高額ですが敏感肌、アレルギーでも安心して使える日焼け止めもあるので、それを選ぶのも良いかもしれません。

 

敏感肌の日焼け止め選び

 

日焼け止めは、どのように選んでいるでしょうか?
なるべくSPF数値が高いもの、水や汗に強いもの、安いもの、信頼できるメーカーのもの・・
きっと、多くの人が日焼け止め効果が高いものほど日焼けしにくく、シミを防ぐことができると思っているはずです。

 

しかし、毎日使う日焼け止めはなるべく肌に優しいものを選ぶことが大切です。
日焼け止め効果が高いものほど、肌には負担がかかり肌荒れの原因になってしまうからです。

敏感肌の人が気を付けたい成分はたくさんありますが、特に紫外線吸収剤が問題です。

他にもパラベン、合成の香料や着色料などがあり、使用感や香り日焼け止め効果を高めるため様々な化学合成成分が配合されているのです。
最近は、ノンケミカルと呼ばれる肌に優しい成分だけで作られた日焼け止めがたくさんあるので、それを選ぶと敏感肌の人でも安心です。

 

また、赤ちゃんや子供でも使える低刺激タイプもおすすめですが、日焼け止め効果も低く水や汗で簡単に落ちてしまうのが難点です。
このように、敏感肌の人でも使える日焼け止めはたくさんあります。
しかし、普段はなるべく使わないことで肌への負担を減らし、トラブルを防ぐことができるのかもしれません。

 

公式サイト↓がお得です!